健康長寿の実践

ごあいさつGREETING

医学博士 白澤卓二の長年の研究課題である抗加齢学の研究成果を集結

所長・医学博士:白澤卓二

株式会社館林医科学研究所
所長 白澤卓二
こんにちは、株式会社館林医科学研究所 所長の白澤卓二です。
これまで長年抗加齢やアンチエイジングの研究を続けてきましたが、この度、私の生まれ故郷である館林の地で「介護付有料老人ホーム Residence of Hope 館林」を平成30年3月に開設する運びとなりました。
Residence of Hopeの名前は、「健やかに健康寿命を享受するという希望(幸せ)に満ちた住まい」を館林の地で実現できるようにと、施設の名前としました。
私の両親は半世紀に渡りこの地で産婦人科医院を開業し、多くの生命を取り上げ、この世に生まれた喜びを大切に考えてきました。 私はこの精神を引き継ぎ、皆様が両親から頂いた生命の喜びを最後の最後まで健康で生きがいを持って享受し続けられるようにしたいと切に願っています。
施設ではこれまでに私が研究してきた認知症を予防するための食事が提供できるように指導しています。
また、併設の白澤美術館には亡き父、白澤實画伯が残した絵画を展示、施設にも「癒し」の絵を展示し、施設はさながら美術館に住んでいるようなレジデンス を目指していますが、これも脳を刺激して認知症を予防する環境作りの1つです。
併設予定のクリニックでは磁気刺激を用いた脳の刺激や、運動療法による認知症の予防などの先端的な認知症予防の医療を提供して行きます。

当施設の特徴FEATURE

当施設4つの特徴

  • 1.食事
    加齢を制御する最も重要な要素は「食事」です。

    認知症予防、介護予防の食事を、角谷亘シェフ(Private chef)がレシピを作成し、食のスペシャリストである白澤卓二が監修し、おいしく健康に よい食事を提供いたします。厨房スタッフも自社社員です。
    毎日直接体の中に入る食事を、生産から特別のこだわりを持ち、細かい配慮を通して提供させていただきます。

    角谷亘シェフ(Private chef)

    産地、無農薬、調味料にこだわり、食事から介護予防・認知症予防を支えます。
    主食を玄米にし、食卓塩を使用しない、添加物をとらないようになどを通して、病気になりにくい身体をつくっていきます。
    1階のレストランで毎日のお食事をお楽しみください。
    群馬県前橋市出身
    1999年軽井沢プリンスホテル入社
    フレンチ、イタリアンを学びレストランの チーフとして西武グループオーナーの料理を担当。また多くのV.I.P.に料理を提供。 独立後、農業を営む父親と共に農園に立ち、農薬、化学肥料を使わない土作りから学び野菜を育て料理をする。 政治家、芸能人などへのケータリング パーティー、料理レッスンを行う。
    2015年Private Chefをスタート。
    https://www.privatechef.jp/chef

  • 2.運動
    加齢を制御する2番目に重要な要素は「運動」です。

    太極拳教室や運動レクなど様々な教室を用意し、運動できる機会を提供します。リハ専門療法士を配置。継続したリハビリテーションの実施、自主トレ指 導、生活をしていく上での工夫や環境整備にも様々な提案をさせていただきます。

  • 3.ケア
    介護度の改善を目指し、施設に入ることで健康になる!

    という新しい形を提案します。
    老後の新しい形を提案し、健やかな老後を満喫していただきます。白澤卓二の研究成果を体験し、新たな自分の将来へ「健康長寿」に挑戦をしてみませんか?

  • 4.癒し
    まるで美術館の中に老人ホームがあるかのような 癒しのある空間をご提供。
    食堂や廊下など施設全体に白澤卓二の父、白澤實画伯の絵を100点以上展示しております。
    医師でもあり、画家でもあった白澤卓二の父、白澤實画伯の絵を施設全体に配置し、癒される空間を提供します。
まずはお気軽にお問い合わせください
TEL 0276-55-0533

スタッフ通信をフォローする
健康長寿を叶える 介護付有料老人ホーム Residence of Hope 館林